読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の味方

日々役に立つ情報を発信していきます♪

メディアが騒ぐ教育勅語の裏には何がある?

スポンサードリンク

f:id:takamimusuhinokami:20170313121135p:plain

 

最近話題の森友学園。

園児達が「安倍総理頑張れ」や「安保法制」
などの言葉を口にしていることに素直に驚いた。

TVや新聞も毎日のようにこの話題を取り上げている。

そう毎日、毎日。

しかしこの問題ってそんなに重要なことだろうか・・?

TVや新聞がこの話題で必死になっている間にも

北朝鮮がミサイルを飛ばし、日本の排他的経済水域まで北朝鮮の
脅威が迫ってきている。

しかしメディアは森友学園一色・・

森友学園が最初に問題として取り上げられたのは国有地を不当に
安く買ったのではないのかと言う事。

国有地の不当な売買は昔から問題になっていて今になって
こんなに騒ぐことではない。


これは日本維新の会・丸山穂高議員が国会で答弁したことだが
朝鮮学校、朝日新聞社、NHK本社などが買った国有地も
不当に安く売られたのではないかと言われている。

 


日本維新の会・丸山穂高議員が森友学園以外に”マスコミや朝鮮学校”が怪しいと国会で追求!

 

ではなぜこの森友学園の話題をこんなにメディアが一生懸命に
取り上げるのか?

それは森友学園の思想は保守的だからだ。

ただそれだけである。

日本は第二次世界大戦の敗戦国であり、明治維新からGHQに
占領されるまでの日本はメディアにとって悪でしかない。

補足として教育勅語とは明治天皇が直接国民に投げかけた
教育というか生き方そのものである。

勅語というのは天皇の直々の言葉である。

つまり「明治天皇の教育に関するお言葉」になる。

教育に関する勅語

- Wikipedia

必ずしも強制させられるものではない。

日本が終戦するまで普通に学校で教えられていた。

しかしGHQが問題視したため現在公立学校では教えられていない。

ありもしない偶像を作り上げ、ブッ叩くというのがメディアの
利権を守る方法である。

森友学園も名指しで朝鮮人を批判したり、安倍総理の夫人を利用したり、

いくらなんでも園児たちに言わせすぎなところもあるからこの

問題はまだまだ続くだろうが日本への危機は今のなお、迫り続けている。

本当に取りあげるべき問題を取り上げないメディアの罪は大きい。