日本の味方

日々役に立つ情報を発信していきます♪

韓国慰安婦像撤去って超簡単だった!って本当?

スポンサードリンク

韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されて2週間たつが、

撤去される気配はない。

 国家間の関係を不正常にし、日本の国民感情を損なう事態を

招きながら、韓国側に是正への具体的な努力がみられないのは

どうしたことか。

 驚いたのは、次期大統領選に意欲を示す潘基文前国連事務総長の

発言である。

 慰安婦問題の日韓合意で日本が拠出した10億円をめぐり、慰安婦像は

撤去しないことを前提に「金を返すべきだ」と、韓国紙のインタビューに答えた。
 

一昨年12月の日韓合意の際、事務総長として「合意を歓迎する」

と評価した。

 

それを忘れ、早々と反日世論に迎合しているのか。

 

 日本は慰安婦像撤去のために10億円を払ったわけではない。

 

そもそも、日韓合意以前の問題として反日行動の象徴である慰安婦像の

設置は外国公館の安寧と尊厳を守るウィーン条約に違反する。

直ちに撤去するのがあたり前だ。
 

韓国政府は合意時に、ソウルの日本大使館前の慰安婦像について適切な解決への努力を約束した。

それも未解決のまま、新たな慰安婦像の設置を許している。

 約束を守らない国家との印象を、国際社会の中で深めていることに気付かないのは残念だ。

 合意は、核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮の暴挙など、

地域の安全保障上の懸念が高まる中で、日韓関係改善の重要性を踏まえて

取り交わした。

慰安婦像の撤去に抗する韓国の人々は、日本国内の同胞が苦悩

していることを知っているか。
 

在日本大韓民国民団の団長が、慰安婦像を撤去すべきだと主張した。

 

日韓関係が再び冷え込むことで

「またも息を殺して生きなければならないのか」と

切実な思いを語ったという。

 

 本来、慰安婦問題を含め戦後補償は昭和40年の日韓請求権協定で解決済みである。

国際法を順守せず、問題を蒸し返してきたのは韓国だ。

謝罪を繰り返した日本の外交姿勢も問題をこじらせた。

 政府は今回、駐韓大使らを一時帰国させた。

「性奴隷」などと事実をねじ曲げ、日本の名誉が傷付けられても

放置してきた、これまでの対応がおかしかった。

 誤りをはっきり相手に伝えることをためらう必要はない。

 

それを手控え、日本の信頼を失う愚策を繰り返してはならない。

 産経新聞から引用

 

 

韓国慰安婦像って実は撤去できる?ウィーン条約違反って?

 

2016年日韓合意にあたっていわゆる日韓の慰安婦問題は

「最終的かつ不可逆的に解決された。」

というのが日本政府の見解である。

これにより韓国政府は韓国の日本大使館前にある慰安婦像の撤去、解決に向け

「努力する」ことになった。

 

しかし、2016年12月28日にまた釜山総領事館前に慰安婦像が設置された。

 

だが最初、地元の釜山市東区が設置を許可せず、いったんは撤去された。

 

しかし区には抗議の電話やメールが殺到し、区側はこれに屈し、

わずか2日後の30日午後、像は再び設置された。

 

翌31日の大みそかの夜には像の除幕式が行われた。

 

「釜山市民の勝利だ」

 

「日本の心からの謝罪と賠償を最後まで要求する」

 

などの声が飛び交い、歩道はすし詰め状態で、群衆が占拠した大通りは

 

斜線規制され、交通に支障が出ていた。

 

一部の韓国国民は日本政府に、してやったり、日本には何をしても

許されると思っている様だが自分たちの首を絞めている事に実は気づいていない。

 

【韓国政府が犯した2つの間違え】

1、ウィーン条約違反

ウィーン条約とは、1963年オーストリアの首都ウィーンで合意された国際条約で、

多国間における領事機関の設置等について詳細に規定したものでこれの領事関係に

関する国際条約(ウィーン領事関係条約) に違反して

いるというのが日本政府の見解である。

もちろん韓国政府もこの国際条約に締結しており、国際法違反である。

 

内容としては、大使館、総領事館、在外公館などの名誉棄損、性質を

害してはいけないというものだ。

 

例えば、日本の韓国大使館前でいくら韓国に言いたいことがあっても

騒ぎがあれば日本警察はこのウィーン条約に基づいて韓国大使館の名誉を

守ろうとする。

 

実はこれが日本の強みであり、韓国の泣き所でもある。

 

逆にいえば、韓国政府にも慰安婦像撤去に良い大義名分なのだが、

韓国政府は黙認し続けている。

 

これが日本、いや世界の常識なのだが韓国政府は世論に負け国際法を破り続けている。

 

韓国人が騒げば騒ぐほど韓国は約束を守らない国だと世界に示す事になる。

 

もちろん、日韓合意も日韓での条約であり、韓国の民度を疑われることになることを
韓国は気づいているのか疑問である。


2、慰安婦像があるのって実は公道!
 
上記の産経の報道でもわかる様に慰安婦像が建てられている場所は実は公道である。

 

これは、大使館前、領事館前2体とも同じである。

 

公道に建てられているのなら韓国政府、韓国警察は行政の権限で撤去可能である。

 

なにも日本と変わらない・・・

 

しかし韓国政府は日韓合意で「努力する」と約束しておきながら釜山に2体目の慰安婦像設置を許した。

 

現状維持ならまでしも結果的に増えた形となった。

 

これで日本政府の怒りを買い、大使帰国に繋がった。

 

韓国政府はこの対応に「驚いた」とコメントした。

 

釜山に慰安婦像を立ててしまったら、外交カードとしては、もう使えない。

 

建てるぞ!と脅しているうちは外交カードだが建ててしまってはなかなか撤去
出来ないだろう。

 

結果、日本国民の怒りを買い、通貨スワップ協議中止や大使帰国に繋がった。

 

ちなみに大使の帰国というのは極めて重い対処であり、韓国としては外交の窓口を
失ったことになる。

 

結果2つの点から韓国政府が慰安婦像を本気で撤去しようとすれば、出来るのだが

 

韓国は裁判所まで民意、世論に流されるので慰安婦像の撤去はなかなか

進まないだろう。

 

しかも日本政府も厳しい態度をとり続けている為、韓国人が目を覚まさなければ

問題の根本的解決にはならないだろう。